• 釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

釜山 アクアリウム

海雲台にある釜山アクアリウムは、水族館というよりは海洋テーマパークのような施設です。
以前から興味はあったのですが、韓国でわざわざ水族館?という思いもあり、今まで素通りしてきました。今回は海雲台をメインにしたプランだったので、初めて潜入。
場所は海雲台ビーチの中ほど。わかりやすい建物です。ちょうど夏休み中ということでちびっ子たちが大勢来て賑わっています。
近年入場料が値上がりして大人は19000Wになっていましたが、新世界免税店(旧パラダイス免税店)でもらった割引クーポンがあったので、少しお得になりました。
その他にもネット上で、プサンナビなどの割引特典が色々あるようなので、事前にチャックしてから行くことをお勧めします。
【釜山 アクアリウム~玄関】
釜山,アクアリウム
【釜山 アクアリウム】
釜山,アクアリウム
館内で様々なショウも行われており、けっこう広いのでゆっくり見てまわると時間がかかります。一番のウリはサメが泳ぐ様子をガラス越しに見れるトンネル状の水槽。
下から見るとサメのお腹などがリアルに見えて、ちょっと楽しいですよ。
お子ちゃまたちも大喜びで、盛んに写真を撮っています。韓国の人は写真が好きですからね。
平日だともう少しゆくり静かに楽しめそうですが、夏休みでしかも土曜日ですから賑やかなのは仕方がないですね。
売店ではいろいろなグッズも販売していて、サメのカチューシャ(ディズニーランドのミッキーの耳のカチューシャ風)が大人気のようでした。
このアクアリウムの目玉でもあるシャークボート(サメの透明ボート)には是非乗ってみたいと思ったのですが、2時間くらい待ちといわれ今回はあきらめました。
底が透明なボートに乗って水槽の中を進んでいくアドベンチャーで、サメを間近に見られたりワクワク体験が出来ます。
安全のため乗船時にはライフジャケットも着用していました。今回は乗れなくて残念でしたが、次回シーズンオフにまたチャレンジしてみましょう。
予約の上、順番待ちなので最初にサメボートのエントリーだけしておいて、ゆっくり他の見学をするのが正解ですね。
【釜山 アクアリウム~クラゲ】
釜山,アクアリウム,クラゲ
音楽とトークを交えてのショーなど工夫を凝らした演出で、大人も子供も楽しめる施設です。
室内なので暑さを避けるにもちょうどいいし、雨の日でもOK。
ちょっと変わった韓国観光として、釜山アクアリウムに足を運んでみてはいかがでしょうか。