• 釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

瑤石宮(ヨソックン)で韓定食

慶州にきたら、やはり瑤石宮(ヨソックン)ということで、今回もまた前日にホテルの方に予約を入れてもらい、瑤石宮(ヨソックン)の高級韓定食を食べにGO!
高速バスで約1時間、天馬塚などを軽く観光したあとにタクシーでレストランに向かいます。
5人グループのため、タクシー1台では無理だろうと2台に分乗するつもりでしたが、親切な運転手さんが、「みんな乗りなさい」と快く乗せてくれたので助かりました。やはり観光地なのでタクシーのマナーも良いようですね。
入り口でいつものようにチマチョゴリ姿のお姉さんがお出迎え、早速お部屋に案内されました。
平日でしかもまだ寒い時期なのに予約がたくさん入っているようで、次々に車が到着。受付の人も忙しそうでした。
お部屋は広めのオンドル部屋。昔の韓屋の風情がなんともいえず良い感じ。両班のお屋敷がチャングムみたいねと皆で話していたら、お店の方が「あ~チャングムね」と笑っていました。
【瑤石宮(ヨソックン)のお部屋】
瑤石宮(ヨソックン) お部屋
【瑤石宮(ヨソックン)のお部屋】
瑤石宮(ヨソックン) お部屋
今回は中クラスの60000Wのコースをお願いしていたので、以前に食べた33000Wクラスのお料理より格段にランクが上がっていました。
宮廷料理の流れをくむ韓国料理を少し現代風にアレンジした料理は、洗練されていて見た目も美しく、しばし優雅なひと時を満喫できます。
今回のコースは、3万W台のコースにはついていない神仙炉(しゃぶしゃぶ鍋のような形状の鍋で出てくる具沢山の汁物みたいな料理)や九節板=クジョルバン(野菜や薄焼き卵の細切を丸いクレープに包んで食べる料理)などもついていて、より本格的に楽しめました。
6万Wですが、サービス料が加算されるので、実質は1人分66000Wの支払いになります。
【瑤石宮(ヨソックン)の韓定食】
瑤石宮(ヨソックン) 韓定食
ただ、次々にお料理が運ばれるだけで詳しい内容の説明がない(理解できない)ために、何の料理なのかよくわからないのがちょっと残念でした。
日本語のメニュー表などあればわかりやすいんですけどね。
もちろん「このタレにつけてね」とか「こうやって巻いて食べるんですよ」とか身振りで教えてくれるのですが、完全には理解できません。やはり韓国語の勉強が必要ですね。
ユッケも出たのですが、昨年の日本の焼肉チェーン店事件もあって慎重になってしまい、さすがに完食はできませんでした。
見るからに新鮮そうで、ごま油の風味も効いていて梨のスライスとのコンビネーションも良く,味も鮮度も問題ないのですが、気持ち的にちょっと抵抗があり、少し箸をつけただけで残してしまいもったいない事をしました。
アワビを甘辛く煮たものにマツタケスライスがトッピングされたお料理や、チジミ(パジョン)も焼きたてで美味しかったな~
最後に雑穀入りのごはんとテンジャンチゲ(味噌汁)が出るのですが、このご飯がまた美味。
色々工夫して炊き上げたようで、ふっくらしてモチモチ。さすがです。
締めはフルーツ(梨でした)とシッケ(甘いシナモン風味の飲み物)ですっかり満足しました。
食事が終わってお庭を見学して、タクシーでバスターミナルに戻りました。
レストランから市外バスターミナルまでは近いので、わざわざ呼んでもらうのは悪いかなと思い、大通りまで出てタクシーを待ちましたが、少し中心部から離れているのでなかなかタクシーが通りません。ようやく通った1台に乗り込もうとすると、今度は運転手さんから「5人乗せてあげるから1000W余分に払うように」と条件提示。。。
足元を見られたようで、悔しかったのですが、考えて見ればたったの1000W、チップだと思ってOKしました。
なんとか無事にプチ慶州観光と韓定食のランチを済ませ、釜山に戻ってきました。