• 釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

イェンナルソンジャジャンのジャジャンミョン(ジャージャー麺)

西面のロッテ百貨店横の「イェンナルソンジャジャン」はいつも地元の人で賑わっています。
店先に大量のたまねぎが積まれ、写真入のメニューがどーんとあるのですぐわかります。
私はいつも赤い看板に手のひらを広げた(パーの状態)イラストを目印にしています。
【イェンナルソンジャジャン/西面】
イェンナルソンジャジャン
【イェンナルソンジャジャン 厨房店内】
イェンナルソンジャジャン
【メニュー】
イェンナルソンジャジャン
看板メニューはジャジャンミョン(ジャージャー麺)ですが、ほかにもチャンポンや餃子などのメニューも揃っています。
席に着いて注文したら先払いです。ジャジャンミョン3500Wと焼き餃子3000Wを頼みました。
ジャジャンミョンは韓国の人たちが大好きな食べ物で、よくドラマなどにも登場するあの真っ黒い麺料理です。見た目は真っ黒でちょっと引いてしまいそうですが、美味しくて大好きです。
【イェンナルソンジャジャンのジャジャンミョン】
イェンナルソンジャジャン ジャジャンミョン
【イェンナルソンジャジャンのタレを混ぜたあとのジャジャンミョン】
イェンナルソンジャジャン ジャジャンミョン
この店のジャジャンミョンは、職人さんが手打ちで作り上げた麺に、たまねぎやジャガイモたっぷりの甘めの黒味噌ソースがかかり絶品です。
黒い色のせいで濃厚に見えますが、それほど味付けは濃くなく食べやすい。
以前に南浦洞の四海坊のジャジャンミョンも食べましたが、個人的には西面のこちらの店に軍配が上がります。
餃子(マンドゥ)は蒸したものと焼いたものがありますが、今回は焼き餃子(グンマンドゥ)にしました。
外側の皮がぱりっと香ばしく焼けていて、なかなかいけますよ。これで3000Wは超お値打ちですよ。
お好みで酢と醤油を自分でMIXしたタレをつけていただきます。
中国で餃子を頼むと、醤油の味も微妙に異なり、酢が日本と違う黒酢なのでちょっと馴染めないことが多いのですが、韓国では問題ありません。食文化がより近いんですね。
【イェンナルソンジャジャンの焼き餃子(グンマンドゥ)】
イェンナルソンジャジャン 焼き餃子(グンマンドゥ)
ジャジャンミョンは手早くできてお手軽で、しかも美味しいので、急ぐ時にはぴったりです。
ちなみにお水はセルフサービスです。
場所柄、日本人観光客が多いので、お店の人も少しだけ日本語がわかります。
これまで見た目のグロテスクさで、ジャジャンミョンを敬遠していた方もぜひチャレンジしてみてくださいね。きっとハマルと思いますよ。
次回はチャンポンに挑戦してみます。後ろの席の人が食べているのをチラ見したら、スープが赤くて辛そうでシーフードの具がたくさん載って美味しそうでした。