• 釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

チェジュ島での食事

今回は駆け足の旅行でしたが、しっかり美味しいご飯も食べてきました。
韓国の定番ともいえる料理ばかりですが、どれもまずまずの味で期待を裏切りません。
有名店ではないので、名前が正確に紹介できないのが残念です。漢字で表記されていたら分かるのですが、ハングルはお手上げ。
せめて文字が読めるように勉強しなければと、いつも思いながら今日まで。。。
まず、ビビンバ。ここの店は城邑村のそばにある小さい店です。
石焼ビビンバで、具が彩りよく並べてあるのですが、容赦なく混ぜ混ぜ、ビビンビビン。
コチュジャンを好みで入れて、よーくかき混ぜたらいただきます。
どこで食べても美味しいのですが、このビビンバもイケます。量が少な目かなと思ったのですが、
丁度よい具合でした。
次は海鮮鍋。やはりチェジュ島といえば海産物ですからね。
すでにスープと部材を盛り合わせた鍋が用意されていて、後は火が通るのを待つだけ。
エビ、イカ、貝類、各種野菜などなど。沢山の種類の具がぐつぐつと美味しそうに煮えています。
【済州島の海鮮鍋】
済州島の海鮮鍋
【済州島の海鮮鍋~付け合せ】
済州島の海鮮鍋 付け合せ
小さいおかずをつまみながら出来上がるのを待ちます。ジャジャーン♪
辛そうに見えますが、実はあまり辛味はありません。うまみが溶け込みいい味が出ています。
少し中身が減ってきたら、細めのうどんを投入。韓国の麺も美味しいですね。
最後はお約束のカルビ焼肉です。
済州島の地元の方も良く利用する店だそうですが、店名が不明。。。
炭火が用意され、いよいよ骨付きカルビが登場。はさみでお肉をちょきちょき。
肉が焦げないように焼いて、サンチュに包んでいただきます。
数ある韓国の料理の中で、やっぱり焼肉は王道です。満足度が違いますね。
野菜も沢山摂るので、栄養バランスも最高です。
【済州島のカルビ焼肉】
済州島のカルビ焼肉
牛カルビ1人前ずつで、ほぼおなかもいっぱいでしたが、せっかく済州に来たからには、豚の方も気になる。。。というところで、テジカルビを追加で注文。
この豚カルビ(テジカルビ)は厚みがあり、釜山などで食べる薄切りタイプとはちょっと様子が違います。
豚はしっかり焼いてね~とお店の方からアドバイス。焼くのに夢中になって、写真を撮るのを忘れてしまいましたよ。
豚肉は脂身が多いサムギョプサルも人気ですが、個人的にはテジカルビのほうが好きです。
牛にも負けない味で、こちらも満足。
どこの店でも一定の満足を得られる。ほぼハズレなし。韓国ってスゴイです。