• 釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

プサンの朝食はアワビ粥で決まり

プサンに行くと必ず食べたくなるのが「アワビ粥」です。
朝ごはんの定番といえば「済州家」のアワビ粥で決まりでしょう。
ホテルの朝食はパスしてぜひ試す価値ありです。
場所は南浦洞周辺で、日本人が良く利用する釜山観光ホテルの近くにあります。済州家(チェジュガ)はアワビ粥で有名なお店ですが、他にもウニのスープなども絶品です。
【済州家】
済州家
店名の示すとおり、済州島出身のおばさんが作る本格的なアワビで、その美味しさは韓国一とも言われているようです。
アワビは済州島から直送されているそうです。テレビや雑誌の取材などもたくさん来る人気店で、日本人率が非常に高いです。
【アワビ粥】
済州家 アワビ 粥
焼き魚などもありますが、注文するなら、まずはアワビ粥とウニのスープです。
けっこうボリュームあるけど、案外ペロリと入ります。
お粥はコリコリとしたアワビの食感に、まろやかでコクのある濃厚な味。
キムチや各種の小さいおかずと韓国のりも一緒についています。
ウニのスープは、えっ?こんなにたくさん!!と驚くほどのウニが惜しげもなく入っていてこれもまた美味。
【ウニのスープ】
済州家 ウニ スープ
両方試したいので、何人かでシェアしてもいいですね。
アワビにウニと贅沢食材で、心はプチセレブ。朝から幸せな気分になれます。しかもお値段はアワビ粥が1万W、ウニのスープが7000Wと大変お手ごろ。
お店の人も慣れていて、注文も日本語で問題ありません。
早くから開いていて便利です(7:00~22:00)朝ごはんに食べることが多いですが、もちろんそのほかの時間帯でもOK。
お粥なので、もたれないし夜食でもいいかもしれませんね。