• 釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

馬山食堂(マサンシクタン) 凡一洞

釜山に通い始めて長くなりますが、最近のお気に入りの一つがテジクッパです。
釜山の名物料理として、西面にはテジクッパの店が密集した通りもあるほどの人気料理。
豚骨スープにご飯が入ったテジクッパが基本形ですが、スープとご飯を別々にした「タロクッパ」もあります。内容は一緒ですが、ご飯が別の器で出てくるのが違いです。
ここマサンシクタンではテジクッパもタロクッパも同じ料金 6000Wでした。


【馬山食堂(マサンシクタン)の外観】
馬山食堂 マサンシクタン 凡一
店は現代百貨店のある凡一洞エリアで、地元のチムジルバン(銭湯)チョバンへスタンのそばです。24時間営業なので、朝昼晩いつでもOK。
昔ながらの古い食堂の雰囲気が、良い味を醸し出しています。店頭の調理スペースの大鍋で、スープを煮込んでいる様子が見えます。
ここ馬山食堂(マサンシクタン)はメジャーな場所ではないのですが、たまたまガイドブックで紹介記事を見て行ってきました。
知る人ぞ知る名店なのか、となりのテーブルでテジクッパを美味しそうに召し上がっている男性は、庶民的な店には似合わないセレブな雰囲気のお方!!
すごく上質そうなカシミア(多分)のジャケットに、趣味の良いネクタイ。思わずチラ見。
高価な服にクッパの汁が飛んだら大変よ〜と、いらぬ心配をしてしまいました。
【馬山食堂(マサンシクタン)の内部】
馬山食堂 マサンシクタン 凡一
【馬山食堂(マサンシクタン)の内部】
馬山食堂 マサンシクタン 凡一
肝心のテジクッパは、豚骨の臭みもなく上出来です。サムゲタンなどと同様に、スープそのものには味付けが薄いので、以下の画像の卓上のアミの塩辛や、塩、キムチ等を好みでどんどん投入してカスタマイズ。
濃厚の味が好みの場合は付け合わせをどんどん投入して塩味を濃くすることで調整できます。
いろいろ楽しめるのでなかなかおもしろい朝食です。
しばらくはまりそうです。
【テジクッパのアミの塩辛や、ニラ、キムチ、タマネギ等の付け合わせ】
馬山食堂 マサンシクタン アミの塩辛や、塩、キムチ等の付け合わせ
付け合せのニラが豊富なところもポイント高し。 ニラをたくさん入れると美味しくなります。
豚肉のスライスは他店より厚めにスライスされてます。この点では個人的な好みで言うと、肉は薄めにスライスしたほうが好みかな。。。
ご飯と別々でも、予めご飯がスープの底に沈んでいても味に大差はないのですが、白いご飯も味わえるタロクッパの方がどちらかというと好きです。
とっても美味しいので、わざわざ出かけてでも行く価値ありですよ。
【馬山食堂(マサンシクタン)のテジクッパ(ごはん入り)】
馬山食堂 マサンシクタン ご飯入り
【馬山食堂(マサンシクタン)のテジクッパ(ごはん別)】
馬山食堂 マサンシクタン ご飯別