釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

プサンの歴史 1  名前の由来

スポンサードリンク

日本から気軽に行ける海外旅行先のひとつである韓国第二の都市、釜山ですが、意外とその歴史は知られていません。その成り立ちや歴史を調べてみました。

まず、釜山という漢字表記にも変遷があるようで、昔は別の漢字を使用していたということです。今回は地名の由来を中心に見てみましょう。

以下はダイナミック釜山より抜粋したものですが、ずっと以前は富山と表記されていたようで、1470年 (成宗1年) 12月15日付けの『成宗実録』に釜山という名称が始めて登場します。
1474年4月 南悌が描いた「富山浦地図」には相変わらず富山と書いてあるところから、この時期には富山と釜山が混用されていたらしいことが伺えます。

1402年(太宗2年) 1月28日の『太宗実録』に富山という名称が世に現れ、『慶尚道地理志(1425年)』『世宗実録地理志(1454年)』『慶尚道續撰地理志(1469年)』などには「東莱富山浦」と記述され、 1471年に編纂された申叔舟の『海東諸国記』にも「東?之富山浦」と記載があります。

同誌の「 三浦倭館圖」にも「東?縣富山浦」と記録されていますので、この時代の漢字表記は「釜」でなく「富」であったようです。
しかし、それ以後の記録には「釜山浦」と記録されています。

従って釜山の地名変遷を最も良く表わしている『東国輿地勝覽(148年)』が完成した15世紀末期からは釜山という地名が一般化されたものと推定されます。

1481年 (成宗 12年)に編纂された『東国輿地勝覽』の山川條を見ると「釜山は東平縣(現在の堂甘洞地域が中心地)にあり、山が釜の形に似ていることからこのように呼び、 その麓がすなわちち釜山浦なのです。
山の形が釜のような姿ので釜山と呼んだというのが一説です。

その後の記録などにはこれをそのまま引用して釜山と記録されており『東莱府邑志(1832年)』にも同じ様な内容が記録されています。

1643年(仁祖21年)に通信使の従事官として日本に渡った申(?) の『海事録(?)』に述べられている「登釜山詩」に「山の形がずんぐりして釜に似ており、城門が海に面して...」と言う字句が見受けられます。

この様な事実から推測して『東国輿地勝覽 (1481年)』編纂以前には「富山」という名称で呼ばれてきたが、それ以降から「釜山」という名称に替わったもようです。

この釜のような形の山というのはどの山なのだろうか? というのが興味深いですね。

当時の釜山鎭城は現在の東区 佐川洞北側の甑山を囲んでいる鄭公壇の場所に城門があり直ぐ真下が海に接していたので、この詩文に出て来る山は佐川洞の甑山を示すものと思われます。
また18世紀に描かれた「倭館圖」を見るとこの甑山を点抄して「釜山古基」と記述しています。
釜のような形の山とは現在の東区 佐川洞背後の「甑山」であると思われます。

また古くは甑山をシル山と呼んでいるが、シル=「甑」と ガマ=「釜」は同種の炊事道具で金属製の炊事道具の釜が出現する前には同じ目的に使用された物であることからも、ほぼ間違いがないようです。

2.危機管理
3.入国、関税、税金

アフィリ
マイルの利用・・・JALカード(バリュコマ)



スポンサードリンク


>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0