釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

ヨイドチョッパル(影島チョッパル)のチョッパル

スポンサードリンク

韓国では同じ種類の料理を出す店が集中しているエリアが多いのですが、チョッパルも同様で釜山では富平市場の一角に豚足料理が集まる「チョッパル通り」があります。

PIFF広場より国際市場方向に進み、左に折れたところが通称 豚足通りです。
何軒も同じような店が並んでいるのですが、今回は影島(ヨイド)チョッパルに行ってきました。

【ヨイドチョッパル(影島チョッパル)】
ヨイドチョッパル(影島)

【ヨイドチョッパル(影島チョッパル)店内】
ヨイドチョッパル(影島)


着いたのが1時半近くで昼食には少し遅い時間だったので、混んでなくてゆっくりです。
メニューはチョッパルを薄くスライスした醤油ベースの味付けの基本のチョッパルと、サラダ感覚で甘酢味のネンチェチョッパルの2種類。それぞれ大きさが大 中 小と選べます。

この日は気分でチョッパルネンチェを注文。値段はどちらも同じで、小サイズ25000W。
チョッパルができる間に、お約束の小皿のおかずがいろいろと運ばれてきます。
どれも家庭的な味付けで美味しいので、次々に食が進みます。
中でもチャプチェ(韓国の春雨炒め)は今までに食べた中でもベストかも。

【ヨイドチョッパルのチョッパルネンチェ】
ヨイドチョッパル(影島)

【チョッパルネンチェを混ぜたところ】
チョッパルネンチェ


辛いものばかりでなく、ポテトサラダなどもあってバランスが良いですね。
ビールを飲んでいるうちに、お待ちかねのメイン料理が来ました。

ネンチェチョッパルは、イメージとしては冷やし中華のような味付けで、豚足のスライスにクラゲ、きゅうり、カニカマ、錦糸玉子などが彩りよく盛り付けられています。
サラダのような冷たい料理です。辛子のきいた甘酢ゴマダレがかかっているので、よ~く混ぜて食べるようにとお店の方が教えてくれます。

このままでも十分美味しいのですが、やりここは韓国。何でも葉っぱに包んで食べるんですね。
サンチェの葉やエゴマの葉が、カゴいっぱい来るので、好きなだけ包んで、たまねぎスライスやコチュジャンなどの薬味を添えていただきます。

【チョッパルネンチェは包んで食べる】
チョッパルネンチェ

【チョッパルネンチェを包んで食べる葉、薬味】
チョッパルネンチェ 葉 薬味

豚足というと少し抵抗感がある場合も多いですが、このチョッパルは臭みも無く大丈夫ですよ。
チャーシューのような感覚で、たっぷり野菜とどんどん食べられます。
コラーゲンも豊富で女性には特にオススメです。



スポンサードリンク


>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0