釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

釜山スップルカルビの焼肉

スポンサードリンク

釜山スップルカルビの焼肉は安くて美味しいので現地の人にも人気です。
場所は国際市場の奥まったエリアで、このあたりは同じような焼肉店が密集しているので、近くまで来るとなんともいえない良いにおいが漂っています。

看板には「釜山カルビ」と日本語表記もあり、店頭にはたくさんの炭が並び、おばさんが「美味しいよ~」とさかんに呼び飛込みをしているので、すぐわかると思います。
中に入ると週末のせいか結構込み合っていて、2階席に案内されました。

【釜山スップルカルビ】
釜山スップルカルビ

【釜山スップルカルビ 店内】
釜山スップルカルビ

【釜山スップルカルビ メニュー】
釜山スップルカルビ

店内は1階、2階あわせるとかなり広く、見渡したところ地元の韓国人が多いようでした。
おばさんが「メニューはこれ」と壁に貼ってある大きなお品書きを指し示します。
牛と豚 両方選べますが、少し前にTVでIKKOさんが勧めていたテジモクサル(豚の首肉)を人数分とビールをお願いしてみました。

横の席の家族連れも同じものを食べていましたので、多分看板メニューなのでしょうね。
スップルとは炭のことで、早速炭火のセットが運ばれ、キムチや小皿の各種おかずが登場。
あまり辛いものはなくて、水菜のナムル(サラダ感覚で、お変わり自由)やキャベツにドレッシングをかけた物なんかが出てきます。

テジモクサルはすでに下味がついていて、骨付きでなく薄切り状のものです。
おばさんの指示に従い、自分で網に載せて適宜焼いていきます。お店によっては付きっ切りでおばさんが肉を焼き、はさみでカットして。。と、ほとんど全部面倒を見てくれるところもありますが、この店はお客さんが多いせいか、わりと放任主義でした。
でも時々様子をチェックしてくれて、早くひっくり返して「パンリパンリ」とかアドバイスはあります。

【釜山スップルカルビ テジモクサル】
釜山スップルカルビ テジモクサル

ほどよく焼けたら、はさみでカットして、葉もの野菜で包んでいただきます。
そのままでも十分イケルのですが、薬味の玉ねぎスライスやコチュジャンなどをプラスして、少し酸味のあるたれにつけて食べてもまた格別。

テジモクサル一人前7000Wとはお値打ちです。
首の肉は脂が少なめでヘルシーだとIKKOさんが言ってたな。

【釜山スップルカルビ テジモクサル】
釜山スップルカルビ テジモクサル

【釜山スップルカルビ 付け合せ】
釜山スップルカルビ テジモクサル

焼肉の締めはやはり冷麺でしょうということで、最後に冷麺を追加オーダー。6000Wでした。
冷麺はスープタイプのもの1種類のみで、汁なしタイプのものはメニューには無いようです。
この冷麺は麺があまり固すぎず、味もあっさり目で食べやすいですよ。
実は本格冷麺で、すごく麺に弾力がある硬いのは、ちょっと苦手です。

【釜山スップルカルビ 冷麺】
釜山スップルカルビ 冷麺


お手ごろ値段で楽しめる焼肉、良いですね。牛のカルビも美味しいけど、テジモクサルも負けていませんよ。ぜひお試しください。



スポンサードリンク


>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0