釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

森浦サムパプ

スポンサードリンク

慶州でのお昼は、森浦(サンポ)サンパプにしました。
サムパプとは定食のようなものですが、各種のおかずとご飯をいろんな葉っぱや海草などで包んで食べる料理で、大陵苑の正門付近に沢山サムパプのお店が集まっています。

【森浦(サンポ)サンパプ店頭】
森浦(サンポ)サンパプ

11時からとガイドブックに出ていたので、混まないうちにと11時半くらいに着いたら、まだ準備が整っていなかったようで、12時くらいに来いと言われました。
この辺のアバウトさが韓国らしいですね。ケンチャナヨ精神で、あまり細かいことは気にしないのでしょう。

仕方なく、近くを散策して時間をつぶし、12時くらいにもう一度行くことに。。。
今度は大丈夫。早速中へ入ると店主の趣味で集められた骨董品の数々が沢山あります。

靴を脱いで奥のテーブルへ着席。メニューはサムパプのみなので、自動的に料理がどんどん
運ばれてきます。

すごい品数でテーブルに載りきれないほど。肉や魚、野菜料理の数々、汁物もちゃんとあります。
写真を撮るときも一度に写らないので、何枚かに分けて撮影しました。本当に韓国の食文化は豊かですね。

【森浦(サンポ)サンパプの料理】
森浦(サンポ)サンパプ

【森浦(サンポ)サンパプの料理】
森浦(サンポ)サンパプ

近年値段が徐々に上がっていて、10000Wとなっていましたが、この内容ならば納得かも。
韓国の食べ物屋さんではたいていお店の方が「こうやって食べなさい」みたいな感じで、そばで色々と世話を焼いてくれることが多いのですが、ここでは忙しいためか割と放任。
おかげで好きに食べることができました。マシッソヨ~

【森浦(サンポ)サンパプ店内】
森浦(サンポ)サンパプ



スポンサードリンク


>>> 海外への格安航空券予約はこちらから

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0