釜山(プサン)、慶州、済州島の韓国おいしいB級グルメ、観光とお値打ち情報を紹介します。

お役だち情報

スポンサードリンク

プサンの歴史 1  名前の由来

日本から気軽に行ける海外旅行先のひとつである韓国第二の都市、釜山ですが、意外とその歴史は知られていません。その成り立ちや歴史を調べてみました。

まず、釜山という漢字表記にも変遷があるようで、昔は別の漢字を使用していたということです。今回は地名の由来を中心に見てみましょう。

以下はダイナミック釜山より抜粋したものですが、ずっと以前は富山と表記されていたようで、1470年 (成宗1年) 12月15日付けの『成宗実録』に釜山という名称が始めて登場します。
1474年4月 南悌が描いた「富山浦地図」には相変わらず富山と書いてあるところから、この時期には富山と釜山が混用されていたらしいことが伺えます。

1402年(太宗2年) 1月28日の『太宗実録』に富山という名称が世に現れ、『慶尚道地理志(1425年)』『世宗実録地理志(1454年)』『慶尚道續撰地理志(1469年)』などには「東莱富山浦」と記述され、 1471年に編纂された申叔舟の『海東諸国記』にも「東?之富山浦」と記載があります。

同誌の「 三浦倭館圖」にも「東?縣富山浦」と記録されていますので、この時代の漢字表記は「釜」でなく「富」であったようです。
しかし、それ以後の記録には「釜山浦」と記録されています。

従って釜山の地名変遷を最も良く表わしている『東国輿地勝覽(148年)』が完成した15世紀末期からは釜山という地名が一般化されたものと推定されます。

1481年 (成宗 12年)に編纂された『東国輿地勝覽』の山川條を見ると「釜山は東平縣(現在の堂甘洞地域が中心地)にあり、山が釜の形に似ていることからこのように呼び、 その麓がすなわちち釜山浦なのです。
山の形が釜のような姿ので釜山と呼んだというのが一説です。

その後の記録などにはこれをそのまま引用して釜山と記録されており『東莱府邑志(1832年)』にも同じ様な内容が記録されています。

1643年(仁祖21年)に通信使の従事官として日本に渡った申(?) の『海事録(?)』に述べられている「登釜山詩」に「山の形がずんぐりして釜に似ており、城門が海に面して...」と言う字句が見受けられます。

この様な事実から推測して『東国輿地勝覽 (1481年)』編纂以前には「富山」という名称で呼ばれてきたが、それ以降から「釜山」という名称に替わったもようです。

この釜のような形の山というのはどの山なのだろうか? というのが興味深いですね。

当時の釜山鎭城は現在の東区 佐川洞北側の甑山を囲んでいる鄭公壇の場所に城門があり直ぐ真下が海に接していたので、この詩文に出て来る山は佐川洞の甑山を示すものと思われます。
また18世紀に描かれた「倭館圖」を見るとこの甑山を点抄して「釜山古基」と記述しています。
釜のような形の山とは現在の東区 佐川洞背後の「甑山」であると思われます。

また古くは甑山をシル山と呼んでいるが、シル=「甑」と ガマ=「釜」は同種の炊事道具で金属製の炊事道具の釜が出現する前には同じ目的に使用された物であることからも、ほぼ間違いがないようです。

2.危機管理
3.入国、関税、税金

アフィリ
マイルの利用・・・JALカード(バリュコマ)


自動販売機のコピ(コーヒー)

韓国では空前カフェブーム。街中で手軽に本格的なコピ(コーヒー)が飲めるようになりました。
以前は韓国でコーヒーといえば、砂糖たっぷりの甘いコピだったのが、進化したものです。

カフェのお洒落コーヒーもいいけど、結構お値段が張りますし、量がたっぷり過ぎる場合も。。
食後やちょっとしたひとときに少しコーヒー飲みたいな〜という時には、あちこちでよく見かける自動販売機のコピはいかがでしょうか?

地下鉄の駅構内、乗り場にはどこにでもあるミニサイズのコーヒー販売機。
種類にもよりますが、値段は1杯300W程度と激安です。ほんの100CCくらいの量なので、電車が来る前の短い時間でもささっと飲めて便利です。

【自動販売機のコピ(コーヒー)】
自動販売機のコピ(コーヒー)

【自動販売機のコピ(コーヒー)】
自動販売機のコピ(コーヒー)

利用したのはロッテの販売機ですが、文字がハングル表記でなく英語だったのでわかりやすくて助かりました。コーヒー各種、ホット、アイス、ブラック、ミルク入り、砂糖入り、等々好みで選んでお金を投入し、ボタンを押して待てばOK。小さい紙コップで適量飲みきりサイズです。

コピ(コーヒー)以外にもミルクココアやお茶もあります。
試しによくわからないままTEAのボタンを押してみると、多分韓国風の伝統茶的なものが出てきました。それはそれで悪くない味だったのですが、普通の紅茶を期待していたのでちょっとがっかり。
でもこのような失敗も旅のお楽しみのうちです。
なにしろ300W(約30円)なので、ハズレても全然惜しくないのが嬉しいところです。

【自動販売機のコピ(コーヒー)】
自動販売機のコピ(コーヒー)

ちなみに、ミルク入り砂糖なしのホットコーヒーはまずまずの味でした。ミルクココアもこくがあって
なかなか良かったですね。
ぜひお試しください。

【自動販売機のココア】
自動販売機のココア


ラメールホテルのチムヂルバン/プサンヘスタン 凡一洞

最近のお気に入りは、朝風呂めぐり。ということで、今回もホテル国際から歩いていける地元のチムヂルバンにGO!!

ほとんど釜山の常宿化している国際ホテルから、現代百貨店の方向に向かって平和市場のあたりを目指します。以前行ったチョバンへスタンとも近くて、ラメールホテル併設なので、わかりやすいですね。

ラメールホテルの建物とは同じ敷地ですが、チムヂルバンの入り口は独立しており、地元の方はホテルの駐車場に車を停めてやって来るようです。

【ラメールホテルの外観】
ラメールホテル チムヂルバン 凡一

【ラメールホテルと同じビルのチムヂルバンの外観】
ラメールホテル チムヂルバン 凡一

【プサンヘスタン/チムヂルバンの入り口】
プサンヘスタン チムヂルバン 凡一

名前はプサンヘスタンと書いているので、チョバンへスタン同様に、お風呂には海水(ヘスタン)を使用しているのでしょう。 料金は6500Wでした。

ドアを開けてすぐ、1階の受付で会計をして、タオルやロッカーの鍵などを受け取ります。女性のフロアは2階なので階段で上がります。
ほぼ地元の常連客しか来てない感じで、専用ロッカーには個人のお風呂セットなどの持ち物がたくさん並んでいます。日本人率は限りなくゼロに近い。

まずお風呂に入ってみると、思った以上に人がいっぱい。朝の7時半くらいなので、一番風呂の混雑する時間帯だった模様。洗い場は満席状態でした。
とりあえずシャワーのブースでからだを洗って、さっそく入浴。
さほど広くはありませんが、温度の違う浴槽やジェット風呂など設備も充実しています。

【プサンヘスタンのチムヂルバンの更衣室】
プサンヘスタン チムヂルバン 凡一

規模や雰囲気は近くにあるチョバンへスタンと同じくらい、客層も似ています。いたって庶民的な気取らない銭湯です。
洗い場が空くのをチラチラ見ながら待っていましたが、やはり朝一番に来てる人たちはそう簡単には帰りません。 お風呂やサウナを徹底的に楽しんで、ゆっくり過ごしているんですね。
たまたまかもしれませんが、この日はたくさんの人で賑わっていました。

海水のせいか、入浴後の肌の調子が良くてスベスベします。何より驚いたのは、いつも使いつけの同じシャンプーとリンスで洗っただけなのに、髪の毛が超さらさら、しっとりしてるんです。こんなにお湯が良いので女性に人気なのかも。。。

サウナでリラックスして体をじんわり温め、お風呂に浸かってのんびり。 ああ極楽。これくらいのお手軽な料金なら、何回でも通いたくなりますね。

見回した所、お風呂のスペースによくあるアカスリ台は見当たらず、専用のアカスリコーナーは別になっているのかもしれません。

お風呂で適度にお腹が空いたので、このあとの朝食が美味しくいただけそうです。

以下休憩室の様子ですが、ここで朝食や飲み物もいただけます。
かなり広いですが、おばさん連中がたむろしてて、話に夢中でした。男女同じ休憩室です。

【プサンヘスタンのチムヂルバンの休憩室】
プサンヘスタン チムヂルバン 休憩室

【プサンヘスタンのチムヂルバンの休憩室】
プサンヘスタン チムヂルバン 休憩室


チョバンヘスタンのチムジルバン~凡一洞

チョバンヘスタンは地下鉄 凡一駅 10番出口より徒歩数分に位置する、地元密着型の極めて庶民的なチムジルバンです。表記によっては「ジョバンヘスタン」となっている場合もあります。
現代百貨店から平和市場の方へ向かっていくと、建物の上に温泉マークが出ているのが目印になります。
今回は近くの国際ホテルに宿泊したので、朝風呂ということで、歩いて行けて便利でした。

【チョバンヘスタンのチムジルバン~凡一洞】
チョバンヘスタン,チムジルバン,凡一洞

営業は早朝の4時から23時まで。毎日清掃するために夜11時に閉めるようです。そのほうが衛生的に安心できますね。

料金は大人 入場料6500W。他にチムジル服(中で着用する体操着のような上下)が有料で2000Wと、某◎球の歩き方に掲載されていますが、実際は6500Wだけでチムジル服も借りれました。もしかしたら早朝だったので、入場料が割引になったのかもしれない。

女子の更衣室は2階なので、1階で受付してロッカーの鍵やタオル等一式を渡されます。
支払いは前払いなので、入り口1階の受付で済ませます。
男子更衣室は4階なので、男性はまずエレベーターで4階に上がって別に受付ですね。

男女それぞれのフロアで入浴し、チムジルバン(サウナ)は男女共通の3階にお風呂の横の階段で移動するシステムとなっています。

【チョバンヘスタンのチムジルバン~凡一洞】
チョバンヘスタン,チムジルバン,凡一洞

【チムジルバンで飲み物のサービスも】
チョバンヘスタン,チムジルバン,凡一洞

料金も手頃な庶民的設備なので、たとえば新世界スパランドや虚心庁のような豪華さはとうてい望めません。
ロッカーも小さめで窮屈ですが、地元の方たちに愛されてるな〜という暖かさが魅力かも。
これは好みの問題なので、こういう場所に馴染めない方にはおすすめできない所があります。

めのう玉などを使用した各種サウナが楽しめ、お風呂は地下200メートルから汲み上げた温泉を使用しているそうです。それでこの値段ならばリーズナブル。

今回は時間が限られていてできませんでしたが、次回はぜひアカスリにも挑戦したいものです。
(アカスリ料金は男性15000W,女性20000W  変動の可能性アリ)

チムジルバンのお約束 ゆで卵もちゃんとありました。リーズナブルな飲食ができるスペースもあり、朝ごはんをゆっくり召し上がっている人の姿もちらほらと。。。

【チムジルバンは男女兼用~ともかく広い・・・床暖房がありがたい】
チョバンヘスタン,チムジルバン,凡一洞

【チムジルバンで朝食もできます】
チョバンヘスタン,チムジルバン,凡一洞

やはりお風呂に入るとリラックスして、ゆったりした気持ちになれます。疲れた心身を癒すのには温泉が一番ですね。
オンドルの床が心地良く、思いっきりゴロゴロしたら最高です。


釜山の歴史2 都市の変遷

釜山は韓国を代表する港湾都市として成長を遂げており、日本からも多くの観光客が訪れる人気の都市です。

この釜山の歴史は大変古く、現在に至るまでの主な出来事などを振り返って見ましょう。

釜山にいつごろから人が住み始めたのかというのは、貝塚の発見などからすると、紀元前3000年頃には海沿いや川沿いを中心に人類が居住し始めていたと推定されています。

釜山に関する最初の歴史的記録は『魏志東夷伝』に登場します。この『魏志東夷伝』には、3世紀前半の時点で釜山を含む洛東江下流域に複数の小さい部族国家があったとされています。
群雄割拠の時代が続き、統一新羅の誕生をもって、この一帯を東莱郡と称しています。

その後、李朝時代の初めまでは釜山は人口も少ない閑散とした漁村に過ぎなかったのですが、豊臣秀吉による文禄・慶長の役、韓国でいう壬辰倭乱を経て国防都市という役割を果たす都市としての機能を備えていきます。

歴史に名高い壬辰倭乱は1952年4月、小西行長率いる日本軍が釜山に到達したことによっ始まります。この海戦において大活躍したのが李舜臣将軍で、現在でも釜山市街地にある龍頭山公園には、この李舜臣将軍の銅像が置かれ、日本の方向に睨みをきかせています。

後の鎖国政策によりいったん釜山港は閉じられることになりますが、再び開港することになり、釜山には多くの日本人が住むようになったのです。釜山に渡った日本人が主に移り住んだのは、現在の龍頭山公園を囲むエリア。釜山随一のメインストリート南浦洞の辺りです。

ちなみにこのメインストリートを光復路(クァンボンノ)と称するのは、太平洋戦争の終結をもって日本支配からの光復(解放)を迎えたという意味で名つけられたものだそうです。

1950年からの朝鮮戦争時には釜山は臨時首都の役割を果たしています。韓国全土から多くの避難民が釜山に集まり、この時に自然発生的に誕生した市場が現在の国際市場や釜田市場となりました。

朝鮮戦争を経て釜山は直轄市となり、1995年からは広域市と名称が変更されますが、現在は人口383万人を擁する韓国第2の大都市であり、また韓国一の貿易港として飛躍しました。


高速船ドリーム号

高速船ドリーム号は大亜高速海運(だいあこうそくかいうん)という韓国の慶尚北道浦項市に本社を置く海運会社が運行する国際路線の高速船です。ビートル、コビーよりだいぶ遅れて釜山と対馬間および釜山と福岡間の運行が近年始まりました。

席の配置とか内装は独自ですが、船は従来のビートルとほぼ同じ程度の大きさです。ジェットフォイルといわれる水中翼船で、福岡(博多港)~釜山を約3時間で結びます。

後発なので、1日1往復のみ。福岡を午後出発して釜山に18時ごろ到着する便、釜山を午前9時ごろ出発して福岡に昼過ぎに到着の便しか選択肢がありません。
そのため価格もビートルに比べて安く抑えられています。

今回はこのドリーム号とエコノミーホテルを組み合わせた2泊3日の格安プランが出ていたので、迷わず飛びつき(笑) 初ドリーム号体験となりました。

席が狭いという話も聞いていましたが、特に気になるほどではなく問題なし。
荷物置き場は1箇所に集中しているので、席から遠い場合は持ち運びが少し大変です。
1階席、2階席があり、ビートルなどでは乗船時に希望を聞いてくれる場合もありますが、今回は選択の余地は無く、自動的に1階席を割り当てられました。

売店もありますが、あまり熱心に営業はしていないようです。クルーが席を廻って飲み物などをワゴン販売するサービス等は行っていません。必要な場合は各自乗船前に飲み物や食べ物を用意しておいた方がいいですね。

燃油サーチャージと港利用税はそれぞれの港で、その国の通貨での支払いとなっています。帰るときにも別途必要なので、韓国Wを使い切ってしまわないように残しておきましょう。

高速船は多少天候によっては揺れて、船酔いの経験もあり、一時期はちょっと敬遠していたのですが、乗る前にトラベルミンなどの酔い止めの薬を服用しておくと、ほぼ問題ありません。薬の効果か、すぐ眠くなるので、船酔いする暇も無く目的地に到着。

最近の日韓情勢やW高傾向もあり、日本人観光客がだいぶ減少しているようで、乗客は日本人よりも韓国の方が多めですね。
韓国の人たちはせっかちなので、到着前はそわそわして、船がまだ動いているうちから荷物を動かしたり、出入り口付近に押し寄せたりで、この光景には毎度笑えます。
そんなに慌てなくてもいいのに~

波の影響なのか予定よりも少し遅れましたが、船は無事到着。
このスケジュールでは、福岡からだと実質の釜山滞在時間が少ないので、初めての釜山旅行では物足りない感じでしょうが、価格重視のリピーターであればドリーム号でも十分かも と思います。


アロマリラックスハウス

観光で疲れたら、ちょっと一息マッサージがいいですね。
南浦洞の龍頭山公園エスカレーター横にある「アロマリラックスハウス」に行ってみました。
場所はビルの2~3階です。グリーンの看板を目印にするとすぐ見つかりますよ。

メニューは色々あるのですが、基本の足マッサージ30分 23000Wをお願いしました。
まず、お茶を飲みながらメニューの相談。受付の女性はとても日本語が堪能なので安心です。
予約せずに行ったので、混み合っていたため1時間後に再度出直すことに。

お約束の時間に入ると、ロッカーで体操服みたいなのに着替えて施術です。
まず足湯で足をきれいにして、施術台に移動。丁寧にマッサージをしてもらって疲れも癒され、ずいぶん軽くなりました。

足以外にも全身のコースもあり、日ごろの疲れをとって、たまには自分の体をいたわってあげるのもいいですね。

帰りにはお勧めのグルメ情報なども教えてもらって得した気分でした。
決して豪華ではありませんが、リーズナブルで清潔、マッサージも腕も◎でしたよ。


釜山スポーツマッサージ

本来はマッサージのお店ですが、フェイシャルも得意との情報で、釜山スポーツマッサージに行ってきました。
場所は釜山観光ホテルの向かいで分かりやすく、日本語表記もあります。

【釜山スポーツマッサージ】
トルゴレ スンドゥプチゲ

割引クーポンを使って30000wのところを27000Wとなりました。フェイシャルをお願いすると
「マッサージはしなくていいの?」とちょっと残念そうな様子でした。

まずお茶を飲みながらメニューの説明を受け、ネックレスなどをはずして、上半身だけお店のTシャツに着替えます。

その後はお任せで、まずお化粧をおとして顔のマッサージなどなど。詳しい状況は目を閉じているために不明です(笑)
途中、お顔以外にも腕とか足もマッサージしてくれたり、パック(多分シートマスク)をしている間も、休むことなくセッセと施術。

サービスなのか足のパラフィンパックまでやってくれました。
コレはちょっと不思議な感覚で、多分あつく熱して溶かしたロウ(パラフィン)の液に足を浸し、乾いたらはがしている様子。かかとの角質などを取るのでしょうね。
残念ながら実際の状況は見ていません。てゆうか、パックしているので見れません。

約40分ほどでフェイシャルコース終了。低価格なのに満足できる内容でした。
早めの時間に入ったので、すいていて予約なしでもすぐできました。
ただ、お店はいたって庶民的で、豪華なスパのようなわけにはいきませんよ。
終わったあとはお肌しっとりプリプリ。たまには自分のお肌もいたわってあげましょう。

【釜山スポーツマッサージ 店内】
トルゴレ スンドゥプチゲ


ビートル&コビー

船に弱いので、ビートルはよく揺れるから苦手でした。
行った時期が悪かったのか、たいてい船酔いしてあまり良い印象が無く、最近はもっぱら釜山行きは飛行機か、大きい船のカメリアを利用していました。

今回は久々にビートル&コビーに乗ってみました。
行きの便が韓国運営のコビーでしたので乗り比べができました。コビーのつくりはビートルとほぼ同じですが、やはり微妙な違いがありますね。

2階の前方に展望席というのがあって、コレは初めて見ました。
2階の最前列に、横に8席くらいが並んでいて前方がよく見えるようになっています。
喜んで座ってみましたが、沖に出ると見えるのは海だけで単調な眺めですから、あまり展望席の意味が無いかもしれませんね。

ビートルではシートベルトを着用しろとか、鯨がいるかもしれないので速度を落とすとか、細かい注意が色々アナウンスされますが、コビーの場合ほとんど何もなしで、結局シートベルトもしませんでした。韓国の方がおおらかなのでしょうね。

博多港もだいぶ整備がすすんで、ターミナルも綺麗になり、随分よくなりましたね。
釜山港はまだ以前のままで、船に乗るまでに荷物を自分で運ぶのが一苦労です。あの段差や階段はなんとかならないものでしょうかね。

お天気にも恵まれ、往復ともに海が穏やかで、船酔いも無く無事に到着できたのがなによりでした。

【コビー】
コビー

【コビー】
コビー

【ビートル】
ビートル


海雲台は見晴らし最高

釜山の旅では、中心部の南浦洞辺りを拠点にするか、海辺の海雲台を拠点にするかのどちらかに分かれることが多いですね。

海雲台は韓国きっての海辺のリゾートとして有名で、海沿いにはオーシャンビューの高級ホテルが何軒も並んでいます。

海雲台ビーチは1.5㎞の長さの砂浜があり、夕焼けが綺麗です。
海雲台の主な観光スポットとしては、釜山アクアリウム(水族館)、BEXCO(ベクスコ=釜山国際展示場)、広安大橋のライトアップ、最近出来た複合施設「センタムシティ」などがあります。

【海雲台ビーチ~プロムナード】
海雲台

海雲台には有名なところではパラダイス(免税店やカジノも併設)、海雲台グランド、ウエスティン朝鮮釜山などのリゾートホテルがあります。

中でもウエスティン朝鮮ホテルは素晴らしかった。落ち着いた雰囲気で世界のVIP御用達だけの格式を感じます。
ちょっと敷居が高い感じですが、夏のハイシーズンを除けば結構お得なプランなどもあるようなので、WEBなどで調べてみましょう。

【海雲台~ビーチから見るウェスチンチョースンホテル】
海雲台 ウェスチンチョースンホテル

【海雲台~ウェスチンチョースンホテル】
海雲台 ウェスチンチョースンホテル

【海雲台~パラダイスホテル】
海雲台 パラダイスホテル

余談ですが、韓国の英語の発音はちょっと独特で、コーヒーをコピと呼ぶように、普通にカタカナの通りに「ウエスティン」と言っても理解してもらえず、タクシーの運転手さんに伝えるのに苦労しました。

中心部から地下鉄で結ばれているので、お泊りは海雲台でも、西面辺りにお出かけするのは簡単です。

最近は海雲台にも新しいスポットが続々出来ているので、さらに楽しめるようになりました。
今回はほかの事で忙しくて、時間が取れなかったのですが、次回は是非センタムシティにも足を運んでみたいと思います。

美味しいお店ももちろんたくさんありますので、こちらも楽しみ。
一説では現在のようなカルビ焼肉のスタイルは、この海雲台が発祥の地だそうで、中でも「ヘウンデアムソカルビ」は元祖として有名です。

少し足を延ばして「月見の丘」(タルマジコゲ)まで行けば、見晴らしも最高で、周辺にはおしゃれなレストランがありますよ。


スポンサードリンク

Page: 1 < 2  次の10件>>

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0